kobeoyaji's blog

神戸市在住の神戸大好きおじさんの日々の日記です。

淡路ハイウェイオアシスから淡路島公園のふわふわドームでキャッキャ(娘の初めての旅行@淡路島12)

前の記事

淡路島で一二を争うインスタ映えする観光地〜吹き戻しの里(娘の初めての旅行@淡路島11) - kobeoyaji's blog

吹き戻しの里の後、東浦インターチェンジから神戸淡路鳴門自動車道を北上し、やってきたのが淡路サービスエリアに併設されている淡路ハイウェイオアシスです。

淡路ハイウェイオアシス 〜 おいしいもの、たのしいこと、淡路島のいいところ、ぎゅっとまるごと 〜

そして淡路ハイウェイオアシスに車を止めてから県営淡路島公園に向かいます。

兵庫県立淡路島公園ホームページ

駐車場から、ハイウェイオアシスの建物に向かうと淡路島公園にある「ニジゲンノモリ」の案内が出てきます。

f:id:kobeoyaji:20170927214331j:image

 

この写真の奥が淡路島公園の入り口になります。

f:id:kobeoyaji:20170927214335j:image

 

奥へ進むと、淡路島公園の入り口にいるハチ。ベンチがあって記念撮影できます。

f:id:kobeoyaji:20170927214600j:image

 

これが淡路島公園の入り口です。中央右側の白い建物では、ニジゲンノモリの入場券や後述のトラムの乗車券を販売しています。

兵庫県立淡路島公園アニメパーク 【 ニジゲンノモリ 】

f:id:kobeoyaji:20170927214510j:image

f:id:kobeoyaji:20170927214528j:image

これが淡路島公園の「オアシストラム」。淡路島公園の入り口と公園の奥(交流ゾーン)を結ぶ乗り物です。公園の奥には歩いても行けますが、結構な距離で子連れではちょっと厳しいと運転手さんに聞いたので我ら親子もこのオアシストラムに乗ることにしました。

f:id:kobeoyaji:20170927214612j:image

 

白い建物でトラムの乗車券を購入するとこのような虹色のリストバンドを貰いますので、これを腕につけて入れば1日乗り放題になります。この10月に値上げされたみたいで、今は1人1日500円です。

f:id:kobeoyaji:20170927214822p:image

 

オアシストラムに揺られながら淡路島公園の奥へのんびり向かうと奥の遊び場(交流ゾーン)に到着です。

至る所にクレヨンしんちゃんのしんちゃん像が設置されています。

f:id:kobeoyaji:20170927214913j:image

 

 交流ゾーンにある木の遊び場です。

この白いのはふわふわドームです。空気で膨らんだゴムの上でぴょんぴょん飛び跳ねてはしゃいで遊べます。

f:id:kobeoyaji:20170927214927j:image

かあさんも娘もキャッキャ言いながら飛んでます。

f:id:kobeoyaji:20170927214627j:image

f:id:kobeoyaji:20170927214631j:image

とおさんも娘と一緒にぴょんぴょん!

f:id:kobeoyaji:20170927214636j:image

 

ふわふわドームの横には大きな長い滑り台があります。

f:id:kobeoyaji:20170927215057j:image

 

娘とかあさんは1番短めの滑り台へ。

f:id:kobeoyaji:20170927215104j:image

2回目はとおさんと、さーっと!

f:id:kobeoyaji:20170927215627j:image

木のゾーンにはこんな大きな遊具もありました。

f:id:kobeoyaji:20170927215126j:image

 

これは有料のニジゲンノモリから飛んでくるジップラインです。ニジゲンノモリは結構な金額がしますが、ふわふわドームや滑り台などは無料です。

f:id:kobeoyaji:20170927215139j:image

 

映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016

映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016

 

 

 

 

淡路島Walker+鳴門 2017-18 ウォーカームック

淡路島Walker+鳴門 2017-18 ウォーカームック

 

 

 

現時点で最新のiPhone8ではなくiPhone7に機種変更する理由+郵送下取りポイントが9月末にアップ

f:id:kobeoyaji:20171006081456p:image

2年前にMNPでauからドコモに移って来て、それ以来使って来たマイiPhone6plusですが、機種変更を考えています。
iPhone6sは無いとして、現時点での選択肢は2つ。
発売されたばかりの最新iPhone8か、一世代前のiPhone7か。ひとまず次の日曜日に機種変更のためドコモショップの予約が出来たので、それまでに整理してみます。

 

 f:id:kobeoyaji:20171006081933p:image

iPhone6 plusの不満点

  • 防水機能が無い…娘が不意に舐めたりするので、いつか水没しそう(笑)
  • インカメラ(画面側)の画素数がショボい。ノハナ(https://nohana.jp/)でフォトアルバムで写真を選択する時にインカメラで撮影された写真が「画質悪」と表示されてしまうくらいの画素数。
  • Apple payが使えない。普段はずっとコンビニやスーパーでも基本的にクレジットカードを使って生活しているので、Apple payを使わない手はないんで、是非使いたい!

くらいかなと。この点については、iPhone8もiPhone7もクリアしているのでどちらでも良し!あとはどっちにするか。

 

f:id:kobeoyaji:20171006081545p:image

iPhone8とiPhone7との比較

  • カメラのハード的な仕様はほとんど差は無しかな。iPhone8にはポートレートで色々できるようだけど、個人的はほとんど使わなさそう。
  • 質感は、8はガラスで、7はメタル。普段は100均の無色透明なカバーを付けているので、全くこだわり無し。
  • 上項により重さはiPhone8の方が重くなっている。
  • 8は無接触充電(ワイヤレス充電)ができるが、7はできない。
  • 容量について、7は32、128、256GB。8は64、256GB。今の6は64GBでは完全に物足りない状態なので、128GBは欲しいところ。でも256GBは多すぎて、その分機種代も高くなるのがネック。

ということで、ハードの細かい部分ではiPhone7から8へは進化しているといっても数字で見えるスペックはほとんど同じで、機能的に大満足なiPhone7に機種変更することに決めました。

 

f:id:kobeoyaji:20171006081811p:image

機種変更の予約

ドコモショップでの機種変更では5400円から10800円の頭金と事務手数料が2000円ほどかかるので、これは痛い出費。しかーし、ドコモのオンラインショップでは頭金も事務手数料も掛からないことがわかったので、嫁さんのスマホも含めてiPhone7を予約しました。

郵送下取りでのマイナス1200円が無くなった!

さらに嬉しい情報があり、ドコモオンラインショップでは今使っているiPhone6plusの下取りは郵送で下取りになるんですが、この郵送下取りがドコモショップ店頭での下取りより1200円分安くて、ちょっと残念やなぁと思っていたところ、この2017年9月末くらいで郵送下取りと店頭下取りの価格(ポイント)が全く同じになったみたいです。これはマジで嬉しい!

 

ということで、ドコモでの機種変更は圧倒的にドコモオンラインショップでするのが圧倒的に安いです!

 

ちなみに私がドコモオンラインショップで予約していたiPhone7の128GBのジェットブラックがようやく入荷したようで、昨日手続きして、土曜日に届くことが決定しました。めちゃめちゃ楽しみです。

 

 

できるポケット ドコモのiPhone 7 基本&活用ワザ 100 できるポケットシリーズ

できるポケット ドコモのiPhone 7 基本&活用ワザ 100 できるポケットシリーズ

  • 作者: 法林岳之,橋本保,清水理史,白根雅彦,できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2016/10/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
iPhone 7便利すぎる! 220のテクニック 改訂版

iPhone 7便利すぎる! 220のテクニック 改訂版

 

 

 

行きつけのお店@とんかつ太郎

久しぶりに嫁さんの弁当が無かったので、この日の昼食に向かったのは本町にあるとんかつのお店「とんかつ太郎」です。だいたい月一以上必ず食べに行くお店です。

f:id:kobeoyaji:20170927220623j:image

 

いつものランチ。お昼には「ランチ」(800円)っていうとんかつ定食と「とんかつ定食」(900円)っていうとんかつ定食とがあります。

 

「ランチ」と「とんかつ定食」の違いは豚の銘柄が違うのと、「ランチ」の方が若干小さめです。私はいつも800円の「ランチ」にしています。

 f:id:kobeoyaji:20170927220634j:image

肉厚のとんかつで、柔らかくて美味しいです。キャベツも山盛りです。

f:id:kobeoyaji:20170927220651j:image

お味噌汁はしじみの赤だしです。

f:id:kobeoyaji:20170927220709j:image

 

これからも通い続けるお店です。

 

とんかつ太郎

食べログとんかつ太郎

 

神戸駅前のHDCでカタカタレース(第4回 HDC神戸カップ 赤ちゃんハイハイ&カタカタ競争)

サンケイリビング新聞主催のカタカタ競争イベントに応募して見事当選したので、先週末参加して来ました。

第4回 HDC神戸カップ 赤ちゃんハイハイ&カタカタ競争

会場は神戸駅南側にあるハウジングデザインセンター神戸です。ハーバーランドのumieにも近いです。

f:id:kobeoyaji:20170924222740j:image

HDC神戸 - ハウジング・デザイン・センター神戸 | 住まいを快適にするなら住まいの情報館

 

第4回 HDC神戸カップ 赤ちゃんハイハイ&カタカタ競争

f:id:kobeoyaji:20170924222952j:image

ハイハイ競争は午前の部と午後の部の2回で、娘の出場するカタカタ競争は14時30分スタートでした。

 

まずはHDCの1階で受け付けです。

f:id:kobeoyaji:20170924222849j:image

 

競争の会場は吹き抜けになった地下1階です。

f:id:kobeoyaji:20170924222914j:image

f:id:kobeoyaji:20170924223117j:image

 

競争のレーンは3レーンで、3人ずつのレースになるようです。ちょっと台になっているので競争中に落ちないか心配です。

f:id:kobeoyaji:20170924223140j:image

 

あっという間に娘のスタートの時間。カタカタはアンパンマンのおもちゃのカタカタでした。

f:id:kobeoyaji:20170924224216j:image

 

カタカタ競争の結果は、1位でした!!!やった〜

あっという間すぎて、意外とあっけない結末でした。

f:id:kobeoyaji:20170924224226j:image

ゴールしてからもアンパンマンのカタカタで遊ぶ娘。

f:id:kobeoyaji:20170924224238j:image

 

競争後には出走証明書をもらいました。名谷のパティオであったハイハイレースでは1位になると決勝戦をやっていましたが、今回はみんな1レースだけでした。

f:id:kobeoyaji:20170928230056j:image

 

参加賞として出走証明書とスヌーピーのタオルを頂きました。

 

 

アンパンマン カタカタ押し車

アンパンマン カタカタ押し車

 
アンパンマン カタカタ押し車

アンパンマン カタカタ押し車

 

 

 

加西市のがいな製麺所で金曜日限定のカレーうどん

f:id:kobeoyaji:20170924222254j:image

仕事で加東市に行った時に、午前中の打ち合わせがスムーズに進んで少し早めに終わったので、少し早い時間でしたが昼食を取りにやって来たのが加西市にあるこちらのうどん屋さんです。

 

がいな製麺所

加西市で本場讃岐うどんが味わえる【がいな製麺所】

 

こちらのお店のご主人が修行したのが本家うどん県(香川県)にある池上製麺所で、その時の師匠が有名なるみばあちゃんということで、お店の横にも大きなるみばあちゃんの立体看板があります。(この記事の1枚目の写真)

 

お店の入り口

f:id:kobeoyaji:20170924222050j:image

お店に入ってすぐのレジで注文すると番号をもらって席に移動します。

 

この日は毎週金曜日限定の日替わり定食である鶏天付きのカレーうどんとかやくごはんのセットにしました。

f:id:kobeoyaji:20170926212001j:image

 

2棟あるので、座席は多数です。

f:id:kobeoyaji:20170924222106j:image

f:id:kobeoyaji:20170924222124j:image

 

うどんが来るまでの間、無料で食べられるうどんかりんとうを食べながら待ちます。

f:id:kobeoyaji:20170924222145j:image

 

番号が呼ばれると返事して席までうどんを持って来てもらえます。

f:id:kobeoyaji:20170924222202j:image

 

カレーは思いのほか普通の家庭的なカレーでした。カレーうどんなのでご飯は普通の白いご飯の方が良かったかもしれません。

 

外には別棟のお手洗いがあります。

f:id:kobeoyaji:20170924222324j:image

 

 

 

 

ヒガシマル カレーうどんスープ 3袋入×10箱

ヒガシマル カレーうどんスープ 3袋入×10箱

 
マルちゃん 正麺カレーうどん 5P×6個

マルちゃん 正麺カレーうどん 5P×6個

 

 

 

淡路島で一二を争うインスタ映えする観光地〜吹き戻しの里(娘の初めての旅行@淡路島11)

前の記事

津名一宮ICそばのたこせんべいの里と赤い屋根(娘の初めての旅行@淡路島10) - kobeoyaji's blog

たこせんべいの里と赤い屋根でお土産を買ってから、津名一宮ICからは高速道路に乗らず国道28号を北上して、東浦から山の中に入ってしばらく山道登ると高原の中にある吹き戻しの里にやってきました。

f:id:kobeoyaji:20170905201226j:image

吹き戻しの里

吹き戻しの里【公式】|淡路島で吹き戻しを製造・販売・製作体験

吹き戻しの里に来たのは独身時代にかあさんとのデートで来た以来で4〜5年ぶりくらいです。

 

本館の裏手に駐車場があるので、そこに車を停めて入り口に向かいます。

 f:id:kobeoyaji:20170905201231j:image

 

中に入ってすぐ。

f:id:kobeoyaji:20170905201953j:image

 

中はこんな感じです。右側に作成体験の材料が並んでいます。

f:id:kobeoyaji:20170905201258j:image

 

吹き戻しの作成体験するしないに関わらず、大人の入場料は500円かかります。お土産として買い物するにも500円です。各種電子マネー決済も可能でした。ちなみに神姫バスの「ニコパカード」を持っていれば、首から吹き戻しがかけられるストラップがもらえます。

f:id:kobeoyaji:20170905201314j:image

 

吹き戻し制作体験では、吹き戻しの里の人から丁寧に作りかたを学べて、6つの吹き戻しを作ることが出来ます。

 

いろんな吹き戻しも並べられていて、遊べます。吹き口は付け替え可能なので、衛生対策もされています。

f:id:kobeoyaji:20170905201846j:image

 

かあさんが娘に向かって太陽の吹き戻しをピュー〜〜〜!!!

f:id:kobeoyaji:20170905201726j:image

娘はビビってます(笑)

f:id:kobeoyaji:20170905201738j:image

 

こちらはライオンのような吹き戻しのお面。

f:id:kobeoyaji:20170905201752j:image

 

とおさんは玉ねぎの吹き戻しでピュー〜〜!

f:id:kobeoyaji:20170905201804j:image

 

吹き戻しの里は1才の娘にはあんまりハマらなかったようです(汗)

が、大人は大満足。インスタ映えしまくりです。車は必須です。

 

 

 

 

娘が覚えたことば 1才1ヶ月13日まで

娘の話すことばが言葉になってきたので、メモしておきます。

 

f:id:kobeoyaji:20170925075536p:image

「まんま」「まんまん」

…お腹減ったとき

 f:id:kobeoyaji:20170925075547p:image

 

「はい」

…ものを渡すとき

 

「はーい」

…名前を呼んで返事するときには、真ん中が伸ばしていうので、上記の「はい」とは使い分けているようです。

 f:id:kobeoyaji:20170925075945p:image

 

「どうじょ」

…どうぞとものを渡すとき。洗濯物を干すときに、かあさんのお手伝いでとおさんに「はい、どうじょ」って渡してくれます。可愛すぎです。

f:id:kobeoyaji:20170925075616p:image

 

「わんわん」

…犬を見たとき。猫を見たときも「わんわん」って言っちゃってます。まだ犬と猫の見分けがつかないようです。

 f:id:kobeoyaji:20170925075711p:image

 

頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん

頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん